「サッカー少年のかかとの痛み 改善方法」

こんにちは。

徳島市東新町の「RE:HAB tokushima -medical整体 & sports training」の代表トレーナー橋本です。

実際、このような小学生のクライアントさんがいました。
・小学5年生
・サッカー選手
・軸足は右、蹴り足は左
・右の踵が痛み走れないことが悩み
・半年間ずっと痛く、病院通い

→こういったクライアントさんが、1ヶ月程度痛みがほぼ0になりました。

いったい「何をしたのか?」

①まずは片足たちをチェック
→ふらつきが目立つ
②なぜ片足たちをチェックしたのか?
→ボールを蹴る際、片方に体重を乗せる機会が多いから。
③なぜ、片足立ちでふらつきが目立った?
→「中臀筋」が弱かった。
だから、かかとに負担がかかっていた。
④改善策は?
→中臀筋を鍛える!

シーバー病にお悩みのお子様がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

「RE:HAB tokushima-medical整体&sports training」では、あなたの症状に対処するだけではありません。

私たちはあなたのパフォーマンスを強化し、将来の怪我を防ぐための長期的な解決方法を提供します。

怪我を負った場合でも、慢性的な痛みによる長引く症状の場合でも、私たちは迅速、安全、そして快適に改善に導くお手伝いをする準備ができています。 

徳島県の皆様が、痛みに困らない身体を手に入れ、スポーツをいつまでも楽しく長くできるように努めてまいります。

ご自身・お子様が姿勢や身体の痛みにお困りで、回復の方法の体験を始めたい方は、今すぐお問い合わせください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です